« 三井物産の子会社であるマルチ・グレイン社が先住民族の土地略奪に加担 | トップページ | 震災・原発事故関連サイトの紹介 »

2011/03/17

福島原発事故をうけて

 今回の東北関東大地震の被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 今回の大震災で、これまでの時代は終わりを告げ、新しい社会を真剣に築いていかなければならない、そういう時が来たと考えています。

  大地震や津波で被災された皆様の、失われた日常生活を取り戻していくことが急務であり、直接被災しなかった私たちが、様々な形で生活の再建に協力していくべきことは、もちろんですが、それに加えて、私たちには未来に向けて、新しい社会のあり方をしっかりと提起し、そこに向かって進んでいく責任があります。

 はっきりと、原子力発電に頼らない生活を、そしてもちろんそのために火力発電所に頼るのではない、自然のサイクルをできる限り攪乱しない、安心して暮らせる、安定的な社会へ移行するための動きを真剣に進めるべき時が来ていると考えます。

 今回の原子力発電所の事故という危機の中で、多くの人々が停電という影響を受けています。しかしその中で、日本の電力供給における原子力発電所の重要性を改めて考えるべきだという、論調も一部メディアの中で見られるようです。しかしそうではなく、私たちは原子力発電への依存を断ち切るべきなのです。

 「安価に」、「クリーンに」、「安全に」電力が供給できるという欺瞞のもとに進められてきた原子力発電推進の結果が、今、環境中に放射性物質をまき散らすという結果を引き起こし、何十万人という人を被曝の危険に曝しているのです。

 現在でも暴走した原子炉を前に、命を挺して、消火活動に取り組み、放射性物質の拡散を防ぎ、原子力発電所を制御しようとしている方々がおられます。そうした方々の勇気に敬意を表すとともに、身を挺した尽力が成果を上げること、そしてもちろん健康を損なわれないことを心から願っております。

 しかし私たちは、こうした非常事態に、誰かが命をかけなければならない、誰かが被曝の危険を冒さなければならない、そういう危険な技術に依存する原子力発電所によって生み出される電気を享受すべきなのでしょうか。

 私たちは、もし事故の際には、電力会社や下請けの管理会社で働く方々が、命をかけてくれるということを、身勝手に前提として、電力を享受すべきなのでしょうか。人々の命を奪うことを担保とした原子力発電所の電気よりも、停電を受け入れるべきだときっと多くの方が思うのではないでしょうか。

 同じように、私たちは原子力発電所を受け入れている市町村の方々の危険の上に電力を享受すべきなのでしょうか。現在、大地震そして津波で被災された多くの方々が、同時に原子力発電所の事故による被曝の危険に曝されています。原子力発電所が立地している市町村の方々は日々、事故による放射能汚染の危険に曝されている上に、自然災害が発生した際には二重に災害を背負うこととなってしまうのです。私たちはこうした非人間的な状況に荷担すべきなのでしょうか。被災された方々に、被曝の危険までもたらすようなことは私たちには許されてはいないはずです。
 
 原子力発電所は「安全」であり、自然災害に対しても十分な対策を施していると言われ続けてきました。しかし常に想定外のことは起こりうるのです。今回の地震と津波にしても、仮に震源がもう少し南にずれていた時に、より悲惨な事故に直結していた可能性を否定することは誰にもできないのではないでしょうか。

 そもそも想定外の事態が起きた時に、コントロールできない技術に頼る必要はないのです。決して安全とは言えない技術を利用して、その「安全性」を高めるために、努力と技術を積み重ねるのではなく、もっと安心して暮らせる社会のために、人々の叡智と技術力を用いればいいのではないでしょうか。

 人々の命を奪い、恐怖をまき散らし、自然を、生態系をどのように攪乱するのかわからない原子力発電所によって生み出される電力をどのようにして「安価」だということができるのでしょうか。ウランの採掘による環境汚染、健康被害から、運搬、加工、発電、廃棄物処理、すべてのプロセスにおいて、生命を脅かす危険性を有する原子力発電をどのようにして「安価」だというのでしょうか。今回の事故による避難者の心労、消火活動に関わっている人々の恐怖、その家族の気持ち、そして健康被害に心を痛める多くの人々の心、そうしたものに値札など付けることはできません。

 すべての生命にとってより優しい社会の実現に向けて、安心して暮らせる、安定的な社会に向けて、原子力発電からの脱却と代替エネルギー源の開発を進めること、そのために電力供給が減少することを積極的に受け入れていきましょう。その状態を不足や欠乏として捉えるのではなく、原子力発電所がない世界をベースラインとして、その先にどのような社会を築いていけるか、私たちは想像力を働かせ、智慧を集め、未来の世代のために新しい社会を築いていくべきではないでしょうか。

 緑のなかで、思い切り深呼吸をできる世界を決して失わないために

 青西靖夫

|

« 三井物産の子会社であるマルチ・グレイン社が先住民族の土地略奪に加担 | トップページ | 震災・原発事故関連サイトの紹介 »

反原発」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/51142967

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故をうけて:

« 三井物産の子会社であるマルチ・グレイン社が先住民族の土地略奪に加担 | トップページ | 震災・原発事故関連サイトの紹介 »