« バイオ燃料とランドラッシュ | トップページ | パナマ:新鉱業法廃止へ・先住民族運動の勝利 »

2011/03/08

アルゼンチンでの農園労働者搾取と日本商社

 2月に「農地は誰のものか」のサイトに掲載した情報の転載です。


 日本の豊田通商と昨年11月に包括提携を結んだアルゼンチンの穀物商社ニデラの農場において、未成年、児童を含めた農村労働者を劣悪な条件で働かせていたとして、アルゼンチン当局が強制捜査を行い、労働者を解放、現在告発に向けて調査を続けている。

アルゼンチンのパヒナ12紙に2011年1月2日他に掲載された記事は次のように伝えている。

脱税の疑いでも調査されている穀物輸出業者であるニデラ社のエル・アルガロボ農園において、北部より連れて来られた子どもを含む労働者が奴隷状態で搾取されていた。労働者はコンテナでぎゅうぎゅう詰めで寝起こし、クリスマスも含め1日10時間の労働に従事していた。明かりもなく、飲料水はバケツで与えられるだけであった。農園の敷地から出ることは許されず、労賃も知らされていなかった。賃金は非公式な契約の最終日に支払われるが、消費したもののは法外な価格で天引きされた。中には社会開発省の記名がなされた非売品のパスタも含まれていた。強制調査までの3週間で支払われたのは、菓子パンを買うための12ペソ(240円ほど)だけであった。

宿舎には子どもと未成年30人ほどを含めて130人が滞在していたが、司法当局はサンペドロ周辺に1000近くのこうした宿舎があるのだろうと推測しているという。

このような労働者はトウモロコシの収穫期に合わせて、北部のサンティアゴ・エステーロより、契約仲介人を通して連れてこられ、直接農園に連れてこられた労働者は自分たちがどこにいるかすらわからない状況であったという。(3/8追記:F1種子生産のための雄花除去作業のようである)

この農園と契約していたニデラはアルゼンチン随一の穀物輸出商社であり、アルゼンチンの農産品輸出の10%を占めており、大豆やひまわりの種子市場でもトップを走っている。またニデラは労働者の搾取だけではなく、脱税でも調査を受けている。

このような劣悪な条件での労働者雇用はニデラだけではなく、デュポン社、Satus Ager S.A. y Suthern Seeds Production社などでも摘発されており、既にデュポン社に対しては、奴隷的な労働者搾取に対して、経済特権剥奪などの処分が下されている。

>>>>> 
ニデラ社は一連の報道を否定しているが、アルゼンチン政府の担当機関の調査によるものであり、違法な条件での雇用が行われていたことは間違いないであろう。
アルゼンチンのニデラ社への投資、包括提携は、日本政府の行動指針に照らし合わせ、下記の二点で問題を抱えている。この点について、豊田通商と担当省庁に再度質問状を送付したいと考える。
また今回のアルゼンチンにおける報道について、農林水産省、外務省また豊田通商のサイトにおいては一言も言及されていない。このような状況で、市民社会側の労力を持って、行動指針をモニタリングしていくことは正当なあり方とは言えないであろう。どのようにモニタリングの仕組みを作るのかも同時に検討されなければならない。

開発と権利のための行動センター
青西

③ 被投資国における法令の遵守
(例:投資側は、土地取引、契約等被投資国における投資活動において、被投資国の法令を遵守する。)
④ 被投資国の農業者や地域住民への適正な配慮
(例:(イ)投資側は、投資対象の農地の農民及び所有者に対し、その農地の取得及びリースに関し、適切な対価を提供する。(ロ)投資側は、現地における雇用について、適切な労働条件の下、農民等従業員の雇用を行う。)

参考資料
以下の記事をもとに、整理したものである。

Una vida nueva
http://www.pagina12.com.ar/diario/elpais/1-159715-2011-01-02.html
Tecnología agropecuaria
http://www.pagina12.com.ar/diario/elpais/1-160113-2011-01-09.html
Trabajo rural digno o esclavo: un debate ideológico
http://www.pagina12.com.ar/diario/elpais/1-160137-2011-01-09.html
FUERTES SANCIONES A DUPONT POR SOMETER A 140 TRABAJADORES
Un corte a los beneficios
http://www.pagina12.com.ar/diario/sociedad/3-161602-2011-02-02.html
NIDERA S.A., Argentina informs
http://www.nidera.com/default.aspx?partId=33&CID=434
南米に強みを持つ穀物メジャーと包括提携を締結
~ 食料資源確保のため供給ソースの多角化へ
http://www.toyota-tsusho.com/press/2010/11/20101119-3580.html

|

« バイオ燃料とランドラッシュ | トップページ | パナマ:新鉱業法廃止へ・先住民族運動の勝利 »

アルゼンチン」カテゴリの記事

食糧・農業・大豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/51064738

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチンでの農園労働者搾取と日本商社:

« バイオ燃料とランドラッシュ | トップページ | パナマ:新鉱業法廃止へ・先住民族運動の勝利 »