« 4/23 気候変動と社会的公正を考える連続学習会 第一回 | トップページ | 勝手に紹介:反原発イベント案内 »

2011/04/25

メキシコ:「ベラクスルの母親の会」 原発の即時停止を求める

 メキシコの「ベラクルスの母親の会」、「環境保全のためのベラクルス会議」はグリーン・ピース・メキシコとともに、ラグーナ・ベルデ原子力発電所の停止を求める運動を改めて継続していく意志を表明している。メキシコの原子力発電所はこのラグーナ・ベルデに限られているが、地域住民や環境活動家は24年にわたって反対運動を継続してきている。
「フクシマで起きた事故は私たちの国でもあらためて原発の問題に目を向けることを求めるものです。ラグーナ・ベルデにある二つの原子炉はフクシマで損傷したものと同じであり、沿岸にあり、また20年以上が過ぎているという点においてもフクシマと同様の条件に置かれている」という。
 またチェルノブイリ原発の事故から25年となる4月26日に向けて様々な抗議行動を繰り広げていくとのことである。「歴史に刻み込まれたこの事故は、未だに被害を生み出し続けている。原子力エネルギー(事故)には国境など関係はない」

下記のニュースなどから
Exhorto a mantener lucha contra operación de Laguna Verde
http://www.marcha.com.mx/resumen.php?id=19435
Grupos ecologistas, en contra de Laguna Verde
http://www.imagendelgolfo.com.mx/resumen.php?id=240866

|

« 4/23 気候変動と社会的公正を考える連続学習会 第一回 | トップページ | 勝手に紹介:反原発イベント案内 »

反原発」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/51490024

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ:「ベラクスルの母親の会」 原発の即時停止を求める:

« 4/23 気候変動と社会的公正を考える連続学習会 第一回 | トップページ | 勝手に紹介:反原発イベント案内 »