« アルゼンチン:大豆と先住民族 | トップページ | 反原発・脱原発 イベント案内 »

2011/05/12

アルゼンチン:テリトリーの回復を求める先住民族コム

 土地の回復を求めて5ヶ月近くにわたって首都の7月9日通りで座りこみをおこなっていたコム民族のリーダーと政府の交渉がついに行われ、合意が結ばれた。

 2010年11月23日、アルゼンチン北部のフォルモサ州のラ・プリマベーラ村において、伝統的な土地回復を求めて道路封鎖を行っていたコム民族のグループに対して、暴力的な弾圧が加えられた。警察が強制排除を行うとともに、地域で先住民族と土地紛争を抱える有力者が同行し、先住民族のリーダーに銃撃を加えたのである。[1]
 この衝突でコム民族の62歳のロベルト・ペレスが殺害されたが真相はいまだ明らかにされていない。

 その後、コム民族のリーダーであるフェリックス・ディアス他は2010年12月23日から土地の回復、11月23日の弾圧の真相究明などを求めて7月9日通りでの座り込みを開始したのである。
 憲法そして国内法で認められている先住民族の土地への権利の履行を求める先住民族の声に応えようとしない政府に対して、コム民族のメンバーは4月末からハンガーストライキを行うとともに、道路封鎖も行い、政府に対して交渉を求めてきた。更に米州人権委員会もコム民族のリーダーの生命と身体の安全を確保するための予防措置をアルゼンチンに要請した[2]
 こうしてついに5月2日、政府との交渉が実現し、内務大臣とコム民族のリーダーとの間で対話テーブルを設置することに合意、5月6日に座り込みを解除したのである。

 また5月9日の一回目の交渉において次のような点について内務大臣などと合意が成立している。[3]
1)コミュニティの総会において合意ある手法に基づきラ・プリマベーラ村の代表を定めること
2)実効法に基づき、コミュニティの土地の貸借が禁じられていることを改めて確認すること。
3)コミュニティによって要求されている土地と国立公園の重複について技術的調査を行うこと
4)フォルモサ州において法26.160に基づいて先住民族テリトリーの領域確認を行うこと。[4]

まとめ:青西

[1] Argentina: Indígenas de Formosa sufrieron disparos y sus casas fueron incendiadas
http://amnistia.org.ar/actua-firma-acciones/argentina-indigenas-de-formosa-sufrieron-disparos-y-sus-casas-fueron-incendiadas
Violencia contra la comunidad toba qom en Formosa
http://cantonuevo.perrerac.org/?p=3705
[2]“El levantamiento fue voluntario”
http://www.pagina12.com.ar/diario/elpais/1-167785-2011-05-08.html
Los qom levantan el acampe de la 9 de Julio
http://www.pagina12.com.ar/diario/ultimas/20-167689-2011-05-06.html
[3]Carta acuerdo del 9 de mayo de 2011 entre la Comunidad QOM Navogoh y representantes del Gobierno Nacional y Provincial
http://qoomih-qom.blogspot.com/
[4]Ley 26.160
アルゼンチンは1992年にILO169号条約に批准し、その後、1994年の憲法改正において、先住民族の存在を認め、コミュニティの法人格、伝統的に占有してきたコミュニティの所有権、占有権を認めるとともに、それらの土地が譲渡や移転の対象とならないことを定めている。
 更に2006年の法26.160によって、先住民族の土地の領域確定のための調査を2013年まで(当初は施行後3年)に行うように定めている。
http://www.desarrollosocial.gob.ar/Uploads/i1/Institucional/Ley_26160.PDF
http://infoleg.mecon.gov.ar/infolegInternet/anexos/120000-124999/122499/norma.htm

*土地紛争の発端はコムのテリトリー内に大学建設が計画されたからともされているが、2600haという面積が要求されていると言う話もあり、背景は定かではない。コム民族には1940年にテリトリーが認められている。
*ラ・プリマベーラ村とその闘争を紹介した動画です。
Comunidad qom La Primavera
http://vimeo.com/21388391

|

« アルゼンチン:大豆と先住民族 | トップページ | 反原発・脱原発 イベント案内 »

アルゼンチン」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/51651192

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン:テリトリーの回復を求める先住民族コム:

« アルゼンチン:大豆と先住民族 | トップページ | 反原発・脱原発 イベント案内 »