« 8月2日 脱原発関連情報 | トップページ | パナマ:ナソ民族が新しい王を選出 »

2011/08/08

グアテマラ:内戦時の虐殺に対して6060年の禁固刑

 1982年12月5日、軍の諜報部の情報に基づき、カイビル部隊はペテン県のドス・エレスに向かい、翌朝、民間人を虐殺するための許可を求めた。昼には虐殺が始められた。まず、生後まもない子どもたちが親の面前で、石鎚で撲殺されていった。その夜には女性たちが暴行され、翌7日から8日にかけて村の男も女も銃や石鎚で殺されていった。[1]

 1982年にドス・エレスで引き起こされた201人の農民虐殺事件について、軍の特殊部隊であるカイビルに所属していた4人に対し、人道に対する罪として、計6060年の禁固刑の判決が下された。

 人権組織であるCALDHはこの判決を賞賛するするとともに、虐殺がゲリラ弾圧政策の中で、見せしめとして計画的に実行されたこと、子どもを含め女性に対する性的暴行が行われたこと、虐殺された一人一人に対する処罰を積み上げることで、それぞれの被害者の命の価値を認めていったという点で歴史的なものであるとして高く評価している。[2]

 国連もこの歴史的な判決は、過去の事件の免責に対する希望あるメッセージであり、何千という人権侵害の被害者に対して裁判への道を開くものであると高く評価するとともに、過去の残虐な事件に対する十全な調査と適切な法の履行のみが、グアテマラを真の平和への道に導くものであると述べている。[3]


 グアテマラにおける人権侵害や殺害事件は決して過去のものではない、現在でも人権活動家は命の危険にさらされている。そのためにも過去の犯罪が処罰されるとともに、人権活動家の活動を支援していくことが求められている。

 アムネスティのアクション死の脅迫を受けながら、女性への暴力を止めるために活動を続ける人権活動家 ノーマ・クルス
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3916&mm=2

青西

[1]Prensa Libre El lugar donde todo ocurrió(2011/8/7)
http://www.prensalibre.com/noticias/lugar-ocurrio_0_531546875.html
[2]BBC-Mundo Histórica condena de 6.060 años de prisión en Guatemala (2011/8/3)
http://www.bbc.co.uk/mundo/noticias/2011/08/110802_guatemala_sentencia_masacre_en.shtml

[3]HISTORICA CONDENA POR MASACRE DE LAS DOS ERRES(2011/8/2)
(E-mail)
[4]Guatemala: ONU destaca sentencia a ex militares responsables de masacre
http://www.un.org/spanish/News/fullstorynews.asp?NewsID=21508

その他参考
[5]内戦時の虐殺 禁錮6060年
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110804/k10014681611000.html

|

« 8月2日 脱原発関連情報 | トップページ | パナマ:ナソ民族が新しい王を選出 »

グアテマラ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/52420888

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ:内戦時の虐殺に対して6060年の禁固刑:

« 8月2日 脱原発関連情報 | トップページ | パナマ:ナソ民族が新しい王を選出 »