« ボリビア:(更新)TIPNIS 開発と先住民族 | トップページ | グアテマラ:マルリン鉱山関連 »

2011/12/27

1/19 現地報告!! 「日系バイオ燃料事業とフィリピン農民の直面している課題」

FoEと開発と権利のための行動センターの共催です。

現在、フィリピンで最大規模のバイオエタノール製造事業に日本企業が着手して
います。事業者によれば、「遊休地をサトウキビ栽培用に有効活用」し、また、
「地元での継続的な雇用を創出」することで、地元社会に多大な利益がもたらさ
れるとのことです。

しかし、バイオエタノールの原料になるサトウキビ栽培が、11,000ヘクタールと
いう広大な土地で計画されているなか、地元の農民や先住民族が数十年にわたり
耕してきた田畑の収奪、また、サトウキビ栽培地での労働条件の問題など、地元
の住民は様々な課題に直面してきています。

日本企業の進めるバイオ燃料事業により、今、現地で何が起きているのか――フィ
リピン北部イサベラ州から来日されるドミエ・ヤダオ氏(イサベラ州農民組織
代表)に、現地の状況と問題解決に向けた農民の取り組みを報告していただきま
す。地元農民の生の声をぜひ聞きに来てください。

【日 時】2012年1月19日(木) 18:30~20:30
【場 所】地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) セミナースペース
     (〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学1F)
     http://www.geoc.jp/access#geoc
【報告者】イサベラ州農民組織 代表 ドミエ・ヤダオ氏(逐次訳有り)
     波多江 秀枝(FoE Japan委託研究員)
【資料代】 500円(共催団体サポーターは無料)
【申込み】 下記ウェブサイトの申込みフォームよりお申込みください。
      http://www.foejapan.org/aid/land/isabela/evt_120119.html
【共 催】国際環境NGO FoE Japan、開発と権利のための行動センター
【問合せ】国際環境NGO FoE Japan (担当: 柳井・波多江)
      TEL: 03-6907-7217 E-mail: hatae@foejapan.org
【関連サイト】http://www.foejapan.org/aid/land/isabela/index.html
       http://landgrab-japan.blogspot.com/

また前日1/18には次のシンポジウムもあります。

シンポジウム「海外農地投資(ランドラッシュ)の現状とバイオマスの持続可能な利用 ~日本は今後、どう対応すべきか~」開催のご案内

日 時:2012年1月18日(水)13:30~17:00
会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟102
   (東京都渋谷区代々木神園町3-1)小田急線参宮橋駅より徒歩7分
    http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
主 催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク、財団法人地球・人間環境
    フォーラム、国際環境NGO FoE Japan
参加費:主催団体会員 無料、一般 1,000円

詳細、お申し込みは下記まで
http://www.npobin.net/apply/

-----------

|

« ボリビア:(更新)TIPNIS 開発と先住民族 | トップページ | グアテマラ:マルリン鉱山関連 »

バイオ燃料」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

食糧・農業・大豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/53584429

この記事へのトラックバック一覧です: 1/19 現地報告!! 「日系バイオ燃料事業とフィリピン農民の直面している課題」:

« ボリビア:(更新)TIPNIS 開発と先住民族 | トップページ | グアテマラ:マルリン鉱山関連 »