« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/19

「協議法はTIPNISの先住民族への恐喝だ」

 フンダシオン・ティエラの代表へのインタビュー記事の部分訳 (2012/02/12)

-この「協議法」はどのような危険を意味するのですか?

 この法律は適切なものではなく、憲法が定める事前の情報に基づく、誠実なる協議を履行するものではありません。
 この法律はTIPNISの一部の中間組織(CONISUR)の要請によるもので、地域のコミュニティの意志を飛び越えたものであり、TIPNISの領域により大きな紛争を引き起こすでしょう。たとえば、コカ農民の連合体は、TIPNIS内に耕作地を広げつつあり、今回のCONISURの構成員が居住する第7区は10万ヘクタールほどの面積を有し、いまだ国立公園の中ではありますが、先住民族テリトリー(TCO)を構成してはいません。
 つまり、この法律はコカ農民のために道路建設を進めるための国家的支援であり、それは(TIPNISに)深く浸透するための道路となります。

-協議はどのように、誰と行われるべきですか?


 国家が対話し、協議プロセスを進めるべき相手は、昨年の行進に参加し、(道路建設に反対している)TIPNISの先住民族コミュニティ(地区連合Subcentral)の代表であるフェルナンド・バルガスです。
 この法は、誰と協議を行うかについて曖昧な部分があり、第7区にも(法に記されている)チマネ、モヘーニョ-トリニタリオス、ユラカレ民族が住んでいますが、多くはコカ農民組織に所属しており、誰に協議を受ける権利があるのか、というのが判然としません。そこで紛争が起きる可能性もあり、それを政府は承知していることでしょう。

-法律は憲法の枠内にあるのですか?
 2011年に法第180号として結実したTIPNISのコミュニティの意志を無視するものであり、またその組織の意向を聞かずに中間組織の要請で協議を定めるという点で違憲であり、169号条約にも違反しています。

-道路建設についてのフンダシオン・ティエラの見解は?
 
 建設に対してフンダシオンとしての見解はありません。政府に対する疑念は、先住民族の権利を尊重するための手続きの履行に関するものです。

 もう一つの深刻な問題は「Intangibilidad/触れることはできない」という用語の利用にあります。昨年10月に先住民族出身の議員によって提起された用語ですが、その後議会で削除され、そして改めて政府によって取り込まれた制約です。外部からTIPNISを守るための楯として使われたこの用語が、先住民族を抑圧する剣になっているのです。これは先住民族に対する恐喝です。「触れてはいけない」という定義のままでいくのか、そうではないのか協議にかけようと。

-どこが恐喝なのですか?

 現在、(法180号のもとで、「触れてはいけない」とされ)先住民族が自然資源を利用していくことが制約され、一方で道路建設が禁止されています。そこで政府は先住民族に対して、この「触れてはいけない」という条項を続けるのか、あるいはやめるのか、つまり、人々の自然資源の利用を認めるとに道路建設を進めようというのです。

 政府の戦略は、「触れてはいけない」という用語を利用して、道路建設を認めるように先住民族を屈服させようとしているのです。議員たちはこの点についてわかっていないようですが、これは悪意に基づく協議であり、わながかけられています。「食べたければ道路も一緒に受け入れろ」ということなのです。

 協議は「事前に」そして「誠実に」行われなければいけませんが、既に法律によって道路建設の資金が認められており、事前とは言えませんし、中立性や透明性という点からも政府が「誠実に」振る舞ってきたとは言えません。

-政府の環境政策に対する意見は?

 政府は母なる大地の擁護者としてのラディカルな姿勢をあっという間に投げ出してきたように思われます。ラパスに到着したデモ行進において、人々は大統領に対して「母なる大地の擁護者でもなければ、先住民族の権利の擁護者でもない」と言い放ちました。今や政府もこうした言説は使いもしません。
 実際に政府はCSUTCBの要請を受け入れ、TCOの設置プロセスを停止しました。それどころか、農民や入植農民の提案を受け入れ、TCO内の所有権を見直し、土地を分配しようとしています。

-協議に関する全般法はどのようなものであるべきなのでしょうか?


 それは共同体的民主主義とリベラルな民主主義を求めるニーズに応えるものでなくてはなりません。先住民族の住む国々において、共同体的民主主義とリベラルな民主主義の共存を目指す取り組みなのです。

“La ley de consulta es un chantaje a los pueblos indígenas del TIPNIS”
Domingo, 12 de Febrero de 2012 10:39 | Escrito por Pagina Siete |
http://www.ftierra.org/ft/index.php?option=com_content&view=article&id=8626:rair&catid=164:fundacion-tierra-en-los-medios&Itemid=242

2)モラレス大統領は誤った約束を認めるべき

 ボリビア元国連大使は、「モラレス大統領はコカ農民と、誤った約束をしてしまったことを認めるべき」と発言。道路建設をあくまで推し進めるのは、国際的な背景も、企業の利害でもなく、選挙キャンペーン時の約束に原因があると指摘。

 もしTIPNISの先住民族コミュニティが受益する道路を造るというのであれば、それは今の計画とは異なるはずだと言う。

Solón: Evo debe reconocer que hizo una promesa equivocada a cocaleros

http://www.erbol.com.bo/noticia.php?identificador=2147483955311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先住民族テリトリーをダム開発から守るために立ち上がるノベ・ブグレ民族

 1月31日、パナマ北部のチリキ県のサン・フェリックスにおいてノベ及びブグレ民族は道路封鎖を開始した。
 先住民族は審議中の第415号法案に、ノベ・ブグレ自治区における鉱業開発、水力資源開発に対する特別措置、鉱業開発免許、水力発電計画のキャンセルを含めることを求めていた。もともと法案の第5条として含まれていたこの条項は、2011年における紛争の結果として結ばれた合意を反映したものであった。

 道路封鎖の排除を目指した警察は2月2日、トレにて先住民族グループと衝突、そして2月5日にはサン・フェリックスで大規模な衝突が起き、1人(あるいは2人)が死亡、多数が負傷。7日夜になって、政府と協定が結ばれ、逮捕者の解放、弾圧の停止、治安部隊の撤退、交渉の条件などが定められた。

 しかしコマルカにおける鉱業開発、水力発電開発に関する法審議は延期を重ね、今後の動きは定かではない。

 ノベ民族、ブグレ民族は未来の世代のために、自然を、生活を守っていくために、鉱業開発、ダム開発に反対する姿勢を堅持している。

 また今回の抗議行動では、先住民族女性リーダーたちの動きが目立っている。

英文記事も出ているようなので、英語の得意な方はお読みください。
Panama's village leader Silvia Carrera defies a president
http://www.guardian.co.uk/world/2012/feb/19/panama-protest-silvia-carrera

 2月7日にはアムネスティの緊急行動も出されている。 
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=4484

 開発と権利のための行動センター
 青西

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/12

協議-TIPNIS-モラレス政権

 ボリビアの状況を整理しようと思っているのですが、なかなか進みません。
 昨年秋以降の動きもお伝えしていなかったことに気づき、そのへんも含め書いていたのですが、今日は時間切れということで
 
 ここまで
 
 青西


 イシボロ・セクレ先住民族テリトリー自然保護区(Territorio Indigena y Parque Nacional Isiboro Secure, TIPNIS)を分断する道路建設に反対し、首都ラ・パスを目指して昨年8月15日に開始された第八回先住民族行進は、9月25日、警察による弾圧を受ける。この先住民族グループと警官隊の衝突の後、モラレス大統領は道路計画の停止と、国民的対話の呼びかけを行う。その後10月1日になり、ラ・パスを目指す先住民族行進は再開され、10月19日、様々な社会組織の歓迎の中、ラパスに到着した。

 先住民族グループはモラレス大統領との直接対話を望み、22日に実現。一方、議会では既に TIPNISの道路建設を中止する法案の審議が進んでおり、10月11日に法案が議会で採択されている。ここには道路計画を停止し、事前協議を行うこと、代替の道路案の調査を行うことなどが盛り込まれていた。しかしモラレス大統領は当初案を拒否し、21日に法案に対する意見書を送り、24日に法180号が議会で採択され、大統領によって公布された。法第180号には、ビジャ・トゥナリとサン・イグナッシオ・モホスまたその他の道路が、TIPNISを通過することはない、と定めるとともに、TIPNISを「触れることのできない“INTANGIBLE”」ものと定められた。
 モラレス大統領は、当初案を拒否した際に、先住民族組織の提案にあったこの言葉を入れるように指示したとする記事もあるが、先住民族出身の議員の提案との報道もありはっきりはしない。しかし与党の議員また、交渉にあたっていた先住民族リーダーもこの言葉には懸念を持っていたようであるが、細則において、定義を定めればいいという議論になっていたようである。
 
 ところがモラレス政権は法に盛り込まれた Intangibleを利用して、TIPNISの先住民族を締め上げにかかっていた。地域の住民が行っていたエコツーリズムの免許を取り消しという事態も発生していた。地域に居住する先住民族がその資源を利用する権利を制約し始めたのである。
 
 それとは平行してモラレス大統領は道路建設に前向きな姿勢を示し続け、「道路建設を実現できるどうかは、地域住民の手にゆだねられている」とサン・イグナシオで語り、建設推進のための運動を鼓舞しているのである。

 こうした中でConsejo Indigena del Sur (Conisur)のメンバーによって、道路建設を求める行進が行われた。12月20日に出発したCONISURは1月30日にラパスに到着。同日モラレス大統領と対談。その後、議員との会議などを踏まえ、CONISURは「協議」を求めるという方向を打ち出し、議会も「協議」法の制定に踏み込み、2月10日にはモラレス大統領によって「イシボロ・セクレ先住民族テリトリー自然保護区の先住民族への協議法/法第222号」が公布されたのである。

 協議を行い、地域の先住民族が道路建設の是非を決めればいい、と聞けば正統な判断であるかに思える。しかしここでモラレス政権が定める道路計画は既に定まったものであり、事前の協議ではなく、代替案を検討するものでもない。この「協議」法は「TIPNISを、INTANGIBLEな地域とするのか、あるいはそうではなく、開発事業やビジャ・トゥナリとサン・イグナッシオ・モホス間の道路建設の実現を可能とするのか 」という二者択一を強いるものとなっているのである。
 これは「協議」の名を借りた脅迫にすぎない。放置されることを選ぶのか、鉱山開発を選ぶのか、と迫ったある国の大統領の発言を思い出させるものである。

 未定稿。もう少し時間をとって、加筆修正する予定


開発と権利のための行動センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/11

TIPNISを巡って迷走を続けるモラレス政権

 昨年の先住民族行進の後、TIPNISを横断する道路計画は中止され、先住民族テリトリーは守られていく方向が定められたはずであった。しかしその決定の直後からモラレス大統領は、自らの決定を覆すような発言を繰り返していた。

 その後、政権の支持を受ける先住民族グループConsejo Indígena del Sur (Conisur)のメンバーが再度行進を行い、今度は道路建設を要請。

12月20日に出発したのメンバーが1月30日にラパスに到着したことを受けて、ビジャ・トゥナリとサン・イグナッシオ・モホスを結ぶ(既存の)道路を認めるか、法180を維持するかの協議を行うべきという話しが浮上した。モラレス政権は協議の実施、そして道路建設に前向きである。

低地の先住民族組織の連合体であるCIDOBはこの法案に反対の姿勢を示すとともに。この動きに警戒を強めている。CIDOBは、昨年の行進を実施する前に、協議の実施などを求めていた経緯も踏まえ、それを無視しておいて、国民の広範な支援を受けて、道路建設が中止となった後に協議を行うのかと反発している。

 モラレス大統領は「協議」を行うことを拒否することはできないであろうと考えているようであるが、この「事後協議」を政権の介入を含めて実施するならば、地域の先住民族組織の代表性などを含め、地域内に深刻な対立を持ち込むことは間違いないであろう。

 

 先住民族テリトリーにおける自治を進めるという方針のもと、既存の道路計画を白紙に戻した上で、地域のコミュニティの手で、開発の方向性を定めていく道筋を作るべきであろう。

未定稿。もう少し時間をとって、加筆修正する予定

開発と権利のための行動センター

青西

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/08

アジとチリとウナギ

グアテマラのニュース・サイトの一つにPlaza Publicaがあります。ここに南太平洋の漁業資源が枯渇しつつある現状を伝えるニュースがありました。Jurel(チリマアジ) がここ20年で10分の1に減少してしまったというのです。
Chile: Sin control, gigantes pesqueros diezman el Pacífico Sur
http://www.plazapublica.com.gt/content/chile-sin-control-gigantes-pesqueros-diezman-el-pacifico-sur 

 この元となっている記事は”IDL Reporteros ”に掲載された記事となっていて、既にル・モンド紙やヘラルド・トリビューン紙などでも取り上げられているそうです。
http://idl-reporteros.pe/2012/01/31/resonancia-mundial/
 
 どういう記事かというと、チリでもペルーでもJurelの乱獲が進んで資源が減少しているということなのですが、ペルーでは乱獲が進んだため、禁漁となったとのことです。チリでも資源量が減少していることが問題とされています。
 
 記事によるとこのJurel(JACK MACKEREL)はアフリカでも重要な栄養源となっているほかに、魚粉として、水産養殖や養豚に利用されているとのことでした。
 
 さて、このJurelの乱獲話、日本との関係を探ってみました。
1)アジの干物として
これどの程度利用されているのかわかりませんが、どなたかスーパ-で探してみてください。
2)チリのサケ養殖のエサとして
日本のスーパーでもよく見かけるチリ産のサケの切り身/塩ザケ、このサケの養殖用のエサとしてJurel を使った魚粉が使われているとのこと。
3)サケの放流事業
いくつかの資料によると、サケの稚魚に利用する配合飼料が、スケソウダラ・ベースから近年、チリ産のブラウンフィッシュミールに変わりつつあり、ここにはアジが含まれている可能性大。
3)ウナギのえさ
養殖ウナギのえさとして、チリ産のアジを利用した魚粉が非常に重要だとのこと。

 学んだこと
1)記事中に「日本」と出ていなくても、水産物関連だと日本との関係はきっとあると思われること。
2)ウナギを食べながら、チリやペルーのアジに思いをはせ、想像力を豊かにすること。
3)日本産のサケ食べても、もしかするとどこかで南米のアジのお世話になっていること。
4)ウナギを食べることとアフリカの食生活もつながっているということ。

 
 私の家の水槽にいるサケの稚魚たちももしかすると、チリのアジを食べているわけだ・・・

追記
チリ・グリンピースのサイトにもいくつかJurel に関するアクションの記事があります。
http://www.greenpeace.org/chile/es/
IDL Reporterosの記事をしっかり読む前に、Jurelについて調べ始めたので、まだ記事は全部読めていません・・・あしからず。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »