« ヤスニ国立公園で石油開発開始 | トップページ | TIPNISを巡って迷走を続けるモラレス政権 »

2012/02/08

アジとチリとウナギ

グアテマラのニュース・サイトの一つにPlaza Publicaがあります。ここに南太平洋の漁業資源が枯渇しつつある現状を伝えるニュースがありました。Jurel(チリマアジ) がここ20年で10分の1に減少してしまったというのです。
Chile: Sin control, gigantes pesqueros diezman el Pacífico Sur
http://www.plazapublica.com.gt/content/chile-sin-control-gigantes-pesqueros-diezman-el-pacifico-sur 

 この元となっている記事は”IDL Reporteros ”に掲載された記事となっていて、既にル・モンド紙やヘラルド・トリビューン紙などでも取り上げられているそうです。
http://idl-reporteros.pe/2012/01/31/resonancia-mundial/
 
 どういう記事かというと、チリでもペルーでもJurelの乱獲が進んで資源が減少しているということなのですが、ペルーでは乱獲が進んだため、禁漁となったとのことです。チリでも資源量が減少していることが問題とされています。
 
 記事によるとこのJurel(JACK MACKEREL)はアフリカでも重要な栄養源となっているほかに、魚粉として、水産養殖や養豚に利用されているとのことでした。
 
 さて、このJurelの乱獲話、日本との関係を探ってみました。
1)アジの干物として
これどの程度利用されているのかわかりませんが、どなたかスーパ-で探してみてください。
2)チリのサケ養殖のエサとして
日本のスーパーでもよく見かけるチリ産のサケの切り身/塩ザケ、このサケの養殖用のエサとしてJurel を使った魚粉が使われているとのこと。
3)サケの放流事業
いくつかの資料によると、サケの稚魚に利用する配合飼料が、スケソウダラ・ベースから近年、チリ産のブラウンフィッシュミールに変わりつつあり、ここにはアジが含まれている可能性大。
3)ウナギのえさ
養殖ウナギのえさとして、チリ産のアジを利用した魚粉が非常に重要だとのこと。

 学んだこと
1)記事中に「日本」と出ていなくても、水産物関連だと日本との関係はきっとあると思われること。
2)ウナギを食べながら、チリやペルーのアジに思いをはせ、想像力を豊かにすること。
3)日本産のサケ食べても、もしかするとどこかで南米のアジのお世話になっていること。
4)ウナギを食べることとアフリカの食生活もつながっているということ。

 
 私の家の水槽にいるサケの稚魚たちももしかすると、チリのアジを食べているわけだ・・・

追記
チリ・グリンピースのサイトにもいくつかJurel に関するアクションの記事があります。
http://www.greenpeace.org/chile/es/
IDL Reporterosの記事をしっかり読む前に、Jurelについて調べ始めたので、まだ記事は全部読めていません・・・あしからず。 

|

« ヤスニ国立公園で石油開発開始 | トップページ | TIPNISを巡って迷走を続けるモラレス政権 »

チリ」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/53935543

この記事へのトラックバック一覧です: アジとチリとウナギ:

« ヤスニ国立公園で石油開発開始 | トップページ | TIPNISを巡って迷走を続けるモラレス政権 »