« 2012年3月 | トップページ | 2013年2月 »

2012/04/28

5月からのイベント案内

まとめてイベント紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1: 「ロサリーナ・トゥユク・ベラケラス氏」第29回庭野平和賞受賞
2:『平和構築における先住民の智慧と女性の働き』(仮)5月12日
3: マヤの祈祷師タタ・ペドロ&ナン・ファビアナさん日本へ招聘♪
4:5月12日 ヤスニ学習会
5:PARC自由学校2012  ことばの学校
 『はじめてのケチュア語―アンデス先住民族の歴史と文化を学ぶ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1: 「ロサリーナ・トゥユク・ベラケラス氏」第29回庭野平和賞受賞
 公益財団法人 庭野平和財団(名誉会長:庭野日鑛、理事長:庭野欽司郎)は、
第29回庭野平和賞をコナビグア(CONAVIGUA-連れあいを奪われた女性たちの会)
共同設立者で2010年までその代表をつとめ、現在は財務部門を担当している
グアテマラ共和国のロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏に贈ることを決定
いたしました。
 5月10日に東京にて贈呈式 http://www.npf.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2: 公益財団法人 庭野平和財団 京都シンポジウム2012
1. 日 時:2012年5月12日(土) 午後1時~4時
2. 会 場:「ひと・まち交流館京都」
     〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
     電話:075-354-8711
3. テーマ:『平和構築における先住民の智慧と女性の働き』(仮)

4. 内 容:第29回庭野平和賞受賞者、ロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏の
基調講演ならびに宗教者、識者によるパネルディスカッション
5. 主 催:公益財団法人 庭野平和財団
6. 協賛ならびに協力(予定)
(1)協 賛:財団法人 世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会
        近畿宗教連盟
         京都府宗教連盟
(2)協 力:立正佼成会
7. シンポジウム
(1)基調発題:第29回庭野平和賞受賞者ロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏
(2)パネル・ディスカッション
  コーディネーター 山本俊正 氏(関西学院大学教授)
  パネリスト 古谷桂信 氏(フォト・ジャーナリスト)
        伊藤照子 氏(シスター、メリノール宣教会)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3: マヤの祈祷師タタ・ペドロ&ナン・ファビアナさん日本へ招聘♪
===マヤから世界に発信していること====
人間がもっとシンプルになること。
母なる自然からもっと学び、
いつも母なる自然とつながっていること。
そうすれば、学ぶことができるし
苦しみは減るでしょう。
私達が必要としているのは、母なる大地に対して
尊重し、感謝し、返していき、学び直すこと。
恐怖の文化を終わらせ、愛と調和、幸せをもって
流れていく必要がある。
期間:2012年6月28日~7月9日
予定:6月28日(木)来日
   6月29日(金)調整日
   6月30日(土)富士山周辺で講演
   7月 1日(日)富士山周辺でマヤの聖なる儀式
   7月 2日~8日未定 
   7月 9日帰国
来日のための賛同金も集めています。詳細はこちらのサイト。
http://mayanut.exblog.jp/i6/
主催:マヤの祈祷師タタ・ペドロ夫妻日本招聘実行委員会(仮)
共催:グアテマヤ
連絡先:miho@mayanuts.jp (大田)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4:5月12日 ヤスニ学習会
ヤスニITTイニシアティブの意義をとらえて今後を展望するには、エクアドル
政治の動向、とくに資源開発をめぐる問題点を整理し、コレア政権と先住民族
運動の関係を考察する必要があります。さまざまな新機軸を打ち出すと同時に、
コレア政権は従来型の資源開発路線を進めており、石油開発に加えて鉱山開発
にも積極的な姿勢を見せています。最近では中国企業との大規模な鉱山開発計
画に対して、アマゾンの先住民族が首都キトまでデモ行進をおこない、それを
支援する先住民族組織とコレア政権の間で緊張関係が続いています。イニシア
ティブの重要性は明らかですが、その前途はコレア政権の開発政策に大きく左
右されるため、総合的に状況を注視していくことが不可欠です。

ゲスト 新木 秀和さん(神奈川大学外国語学部准教授)
専攻はラテンアメリカ地域研究。編書に『エクアドルを知るための60章』(明
石書店)、共著に『ラテン・アメリカは警告する』(新評論)、『現代アンデ
ス諸国の政治変動』(明石書店)、『途上国石油産業の政治経済分析』(岩波
書店)などがある。

日時:5月12日(土)15:00~17:00頃
場所:カフェ・ラバンデリア(東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F)
 ※地図はこちらをクリック
 ※参加費は無料ですが、ワンドリンクのオーダーをお願いします。
 ※申し込みは不要。

主催:デ・ヤスニ/ヤスニから考える連続講座
(ヤスニITTイニシアティブ講演会実行委員会から改称)
http://yasuni.blog.so-net.ne.jp
deyasuni■mail.goo.ne.jp(■を@に変えてください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5:PARC自由学校2012  ことばの学校

  『はじめてのケチュア語―アンデス先住民族の歴史と文化を学ぶ』

      2012年6月~2012年12月  全13回/定員20名

      http://act.parc-jp.org/s/fs/2012-05.html

◇∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞◇
■◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇■

南米アンデス地域の先住民族の言葉で、
それを話す人びとによって「ルナ・シミ(人間の言葉)」と呼ばれるケチュア語は、
いまも先住民族の暮らしの基礎であり、
ペルーやボリビアなどの国ではスペイン語とならぶ公用語にもなっています。
このクラスでは、インカ帝国時代から現在まで脈々と語り続けられてきた
ケチュア語を学ぶことを通して、先住民族の仕事、食文化、歌や儀礼が持つ
豊かな世界にふれていきます。
ケチュア語を話す人びとがどんな歴史を経験してきたのか、
そして今どんな変化に直面しているのかについても考えてみましょう。

http://act.parc-jp.org/s/fs/2012-06.html

この講座案内のPDF版はこちら
http://www.parc-jp.org/freeschool/2012/pdf/2012-05.pdf

PARC自由学校2012の講座一覧はこちら
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html

自由学校2012の全講座パンフレットのPDF版はこちら(約25MB)
http://www.parc-jp.org/freeschool/2012/pdf/2012all.pdf

■◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇■

【概要】
・2012年6月~2012年12月
・基本的に隔週金曜日 19:00~21:00
・全13回/定員20名
・参加費:38000円

【講師&コーディネーター】
■若林大我(法政大学 非常勤講師)

プロフィール:ペルー南部高地の先住民共同体をフィールドに、
アルパカをはじめとする家畜の飼育・利用と、民話や口承、儀礼などに
表れる世界観との結びつきをテーマに研究している。

【講座日程(予定)】
◆6月1日
オリエンテーション★ケチュア語の世界へようこそ
─ケチュア語の背景と話者の地理的ひろがり
■太田昌国(現代企画室/民族問題研究)

◆6月15日
★ケチュア語の基本1 発音と人称
お話:アンデス先住民族の親族の呼びかたと家族生活


◆6月29日
★ケチュア語の基本2 あいさつ・自己紹介・時間を表わすことば
お話:アンデス先住民族の1 年

◆7月13日
★ケチュア語の基本3 数詞
お話:儀礼に見る数の概念

◆7月27日
★ケチュア語の基本4 動物・植物・色を表わすことば
お話:農村部の食べもの・暮らし

◆9月1日(土)14:00~17:30
★スクリーンにあふれるケチュア語
─ボリビア映画を観て知るアンデス現代史
■太田昌国(現代企画室/民族問題研究)
◎上映作品:『第一の敵』
  (監督:ホルヘ・サンヒネス/ボリビア/ 110 分/ 1974 年)

◆9月14日
★ケチュア語の基本5 簡単な肯定文・天気を表わすことば
お話:農耕と牧畜

◆9月28日
★ケチュア語の基本6 簡単な否定文・疑問文
お話:ケチュア語の歌・ワイノの歌詞世界

◆10月12日
★人びとの喜びや悲しみが息づいている
ボリビア・フォルクローレダンスの世界
■セノビア・ママニ(フォルクローレダンサー)
http://www.zenobiamamani.com/

◆10月26日
★ケチュア語と文学

◆11月9日
★純粋ケチュア語にふれる

◆11月30日
★変わりゆく先住民族社会: 開発、移住、生業の変容

◆12月14日
★クロージング・パーティ!
 ─アンデスの料理をみんなでつくり味わおう
※材料費が別途かかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2013年2月 »