« UNEPが土地の持続的な利用を目指す報告書 | トップページ | 「自然の権利に関する国際法廷」 »

2014/01/27

国際的な批判に右往左往する世界銀行グループのIFC

 このブログでも何度かお伝えしたホンデュラスにおけるオイルパームプランテーションにおける人権侵害。このプランテーションへの世界銀行グループのIFCからの融資に対し、2012年、世界銀行内部のオンブズマン制度であるCAOが調査を開始。

 2013年12月20日付けの報告書を公表。この中でIFC が土地問題やそれにかかわるリスクについて適切な調査を実施していなかったこと、適切な環境・社会評価を行っていなかったことなどを指摘。これに対して、IFC1月3日付けで、この報告書の内容に同意という記載を含む回答を行った。

 これに対し1月20日にホンジュラス国内及び国際的な市民組織の70団体が連名で声明を発表。

 その後、22日、23日付けでIFCが批判を受け入れて方針を転換するという報道がなされている。

 詳細は把握できておらず、CAOの報告書もさっと眺めただけであるが、CAOの報告書はどのような点から世界銀行の融資にチェックを入れていくかという点からも参考になるのではないかと思う。

参考サイト

1)Honduras / Dinant-01/CAO Vice President Request

http://www.cao-ombudsman.org/cases/case_detail.aspx?id=188

http://www.cao-ombudsman.org/cases/document-links/documents/IFCResponsetoCAOAuditofDinant_Jan32014.pdf

2)World Bank arm under fire on project with group linked to killings(1/10)

http://www.ft.com/intl/cms/s/0/5db01062-79d0-11e3-a3e6-00144feabdc0.html

3)World Bank's Lending Arm Linked To Deadly Honduras Conflict(1/10)

http://www.huffingtonpost.com/2014/01/10/world-bank-honduras_n_4577861.html

4)World Bank funding a company implicated in human rights abuses in Honduras(1/10)

http://oxf.am/wYZ

5)IFC fails to act on human rights abuses in Honduras (1/24)

http://www.brettonwoodsproject.org/2014/01/ifc-fails-act-human-rights-abuses-honduras/

6)World Bank's private-sector arm accepts Honduran company loan criticism(1/22)

http://www.reuters.com/article/2014/01/22/honduras-worldbank-idUSL2N0KW1EH20140122

7)World Bank lending arm forced into U-turn after Honduras loan row(1/23)

http://www.theguardian.com/global-development/2014/jan/23/world-bank-ifc-forced-uturn-honduras-dinant

|

« UNEPが土地の持続的な利用を目指す報告書 | トップページ | 「自然の権利に関する国際法廷」 »

中南米」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/59020092

この記事へのトラックバック一覧です: 国際的な批判に右往左往する世界銀行グループのIFC:

« UNEPが土地の持続的な利用を目指す報告書 | トップページ | 「自然の権利に関する国際法廷」 »