« 国際的な批判に右往左往する世界銀行グループのIFC | トップページ | ボリビア:TIPNISの動きの確認 »

2014/01/29

「自然の権利に関する国際法廷」

 エクアドルの首都キトーにおいて1月17日、「自然の権利に関する国際法廷」が開催された。

 自然の権利に関する国際アライアンス( GLOBAL ALLIANCE FOR RIGHTS OF NATURE)によって組織されたこの民衆法廷では、エクアドルにおけるブリティッシュ・ペトロリアムによる石油開発、ヤスニ開発、遺伝子組み換え、気候変動などの問題が取り上げられた。

 また「裁判官」としてはバンダナ・シバ、アルベルト・アコスタ、パブロ・ソロン(元ボリビア国連大使)、なども参加していた。

 取り上げられたケースは、今後法廷で審議していくことになるという。また次回は2014年12月にリマで開催するとのことである。

First International Tribunal on Rights of Nature:Inaugural session in Ecuador admits nine cases

http://amazonwatch.org/news/2014/0121-first-international-tribunal-on-rights-of-nature

Arranca el Tribunal Ético Mundial por los Derechos de la Naturaleza

http://www.lamarea.com/2014/01/23/arranca-el-tribunal-etico-mundial-por-los-derechos-de-la-naturaleza/

GLOBAL ALLIANCE FOR RIGHTS OF NATURE

http://therightsofnature.org/rights-of-nature-laws/rights-nature-tribunal/

|

« 国際的な批判に右往左往する世界銀行グループのIFC | トップページ | ボリビア:TIPNISの動きの確認 »

エクアドル」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/59030628

この記事へのトラックバック一覧です: 「自然の権利に関する国際法廷」:

« 国際的な批判に右往左往する世界銀行グループのIFC | トップページ | ボリビア:TIPNISの動きの確認 »