« <緊急支援のお願い> 南米エクアドル・インタグの森を巡って今、起きていること | トップページ | 【エクアドル:フニン村警察部隊進入続報&署名、寄付のお願い】 »

2014/05/16

エクアドルインタグ地方・フニン村の鉱山開発に絡み起きている二つの事柄について断固抗議し、即時解決を要請致します。

2014年5月11日

エクアドル共和国

ラファエル・コレア大統領 様

 今現在、エクアドルインタグ地方・フニン村の鉱山開発に絡み起きている二つの事柄について断固抗議し、即時解決を要請致します。

1.2014年4月10日に起きた、フニン村村長ハビエル・ラミレス氏への不当逮捕並びに拘留が続いていること

2.2014年5月8日に起きた、鉱山開発公社ENAMI-CODELCO及び警官隊による強行進入

 私たちが暮らす日本では1945年に終結した戦争以後、経済的豊かさを求め高度経済成長を成し遂げてきました。しかしその過程で、経済効率を優先するあまり、生態系や多くの命を失ってきました。水俣の海の水銀汚染や2011年に起きた福島での原発事故など、歴史上深く記録される、取り返しのつかない環境汚染を引き起こした結果、多くの人々が今もなお健康被害や、住み慣れた故郷に暮らすことができずに苦しんでいます。

 そんな日本の私たちにとり、フニン村を中心とするインタグ地方の人々の地下資源による経済発展に頼らず自然と共生する選択は、尊敬に値する生き方です。持続可能な発展モデルであるインタグの人々と、ナマケモノ倶楽部及び「団体名・個人名」は、1999年の発足当初よりエコツーリズム、フェアトレードを通じて友人関係を続けてきました。彼らは世界有数の雲霧林と共に生きていくことを強く望んでいます。

また、世界に先駆けて「自然の権利」を約束する平和的で素晴らしい憲法がエクアドルにはあることを知り、エクアドル政府が命を尊重する選択を国として率先していることに敬意を表してきました。

 しかしながら、今起きている不当逮捕、強行進入は平和的とはかけ離れ、穏やかに暮らしたいと願う住民の人権を著しく侵害し、理不尽な恐怖を与え続けています。また、鉱山開発そのものが自然を破壊する行為であり、森に暮らす生物のみならず住民の命をも脅かすものに他なりません。

 私たちは上記2点について抗議し、ハビエル・ラミレス氏の即時釈放、フニン村に逗留中の鉱山開発公社ENAMI-CODELCO及び警官隊の、即時撤退を強く要請致します。

http://www.sloth.gr.jp/movements/ecuador_javier/

賛同諸団体はPDFに掲載

<a href="http://cade.cocolog-nifty.com/file/intagSOS.pdf">ダウンロード intagSOS.pdf (343.1K)</a>

|

« <緊急支援のお願い> 南米エクアドル・インタグの森を巡って今、起きていること | トップページ | 【エクアドル:フニン村警察部隊進入続報&署名、寄付のお願い】 »

エクアドル」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/59659778

この記事へのトラックバック一覧です: エクアドルインタグ地方・フニン村の鉱山開発に絡み起きている二つの事柄について断固抗議し、即時解決を要請致します。:

« <緊急支援のお願い> 南米エクアドル・インタグの森を巡って今、起きていること | トップページ | 【エクアドル:フニン村警察部隊進入続報&署名、寄付のお願い】 »