緊急支援

2010/03/09

震災後のハイチの状況について

 2月3日から2月24日にかけて、震災後のハイチを取材したフォトジャーアナリスト、佐藤文則氏の報告会が、3月7日横浜市栄区の「あーすぷらざ」にて開催されました。
 長年ハイチでの取材活動を行ってこられた佐藤氏が、震災前の状況との比較なども交えながら,ハイチにおける震災の状況を報告されました。
 
 ここでは、緊急援助の動向と復興にむけての歩みに焦点を当てて、報告及び質疑応答の中からいくつかのテーマをまとめて報告します。

<ローカル・エコノミーの確立>
 援助物資が広範に出回ることで、地域住民の経済、ローカル・エコノミーが壊れてしまうことが問題となってくると思います。貧困住民の多い、シテ・ソレイユでも多くの住民が基本食糧を確保する一方、食堂の営業が成り立たなくなっています。

<現地で必要とされているもの>
 現地で必要とされている資材は大型のテントです。しかしこうしたテントは既に在庫が枯渇しており、入手まで1ヶ月なり待たなくてはならない状況だと聞いています。援助機関では、テントの代わりにビニールシートを配布すると行ったことを行っています。

<トイレ>
簡易トイレはかなり設置されるようになり、だいぶ数は増えてきました。

<ハイチの医療状況>
 現在は、震災での傷病と一般的な傷病の患者数は半々ぐらいだろうという話を聞きました。もともと医療状況が悪かったところで、薬代などもかからずにただで医療サービスが受けられるという点で、過去と比べてもいい状況にあると言えるかもしれません。しかしそれがいつまで続くかはわかりません。病院の再建など医療体制の確立も必要でしょう。

<必要とされる被災民の状況把握>
 テント暮らしも半年ぐらいが限度でしょうから、仮設住宅も必要になるでしょう。既に作っている動きもありますが、何十万という人に住居を提供するというのは不可能でしょう。そのために調査をして、被災状況を調査して、具体的な状況を把握することが重要だと思います。ハイチ政府も家族構成や家の状況などを聞き取り調査を行っているようです。
 被災した方でも,余震による崩壊などを恐れて、テント村で生活している人も多いので、戻れる人には戻れるような支援というのが必要だろうと思います。

<米軍の存在>
 米軍の存在については議論もあるようですが、 米軍については、私自身は今回だけは、どうしようもなかったのではないかと考えています。大量の重機や援助物資や人員をスムーズに輸送・移動できるのは、軍のような組織しかありません。ただ、引き際が重要になってきます。今のところ市民は歓迎していますが、しかし駐留が長引いてくると歴史的な反感が出てくるのではないかと思います。

<国連やNGOの支援>
 国連・NGOも存在感を示しています。しかし多数のNGOが活動しているので、調整作業が大変なようです。またNGOなどもテントで生活するというような状況で支援しているようです。一所懸命がんばっているようです。

<援助物資の分配>
 テント村にいるから、食糧援助が受け取れる、というような状況ではありません。不公平な分配が行われています。受け取れる人もいれば、受け取れない人もいるという状況です。受け取るためのカードもあるのですが、それがどこでもらえるのかがわからない、またいつ、どこで援助物資を分配するという情報が、全員に行き渡らず、委託を受けているのであろう現地のNGOが、身内主義というか、家族や友人に優先して情報を流しているという状況があるようです。こうしたことは、どこの国でも起こりうることでしょうが、より公正に分配できるようなシステムが必要です。

<ハイチ政府>
 ハイチ政府の動きは残念ながらよく見えてきません。CNE(Centre national déquipements:公共事業局)のトラックが瓦礫撤去に動いているのを見かけるぐらいです。それ以外は存在感はありません。
 首相も先日、援助がどのように動いているか把握できていないという発言をしていました。国際社会も、これまでのハイチ政府の汚職がひどいと言うことなどもあり、あまりお金を渡したくないようで、実際にハイチ政府が受け取っているのは10%ぐらいではないかという、話も聞いています。首相も、いったいどれだけの資金がNGOに流れているのかもわからず、フラストレーションを溜めているのだと思います。
 国民の中にも大統領のリーダーシップが欠けるという声もあります。しかし政府に対する非難というのはいつでも起こるわけですし、またハイチの政治機構の脆弱さというのは長年の問題ですから、ここで単に非難するだけではなく、とりあえず顔を立て、そしてサポートすることが重要だろうと思います。

<ハイチの人たちの対応>
 ハイチの人たちは政府に文句を言いますが、最後には自分たちだけでどうにかしてしまいます。長年そうやって生きてきて、ハイチ政府というのもそこに甘えてきたところがあるように思います。
 
<これからの再建にむけて>
 国際社会に加えて、ハイチ人自身の力が必要ではないかと思います。もちろん一般の人は、日々の生活だけでも大変なので、政治家やインテリ層が一緒に集まり、話し合いをしていくことが重要だと思います。
 今回の不幸な出来事をバネに、単に地震からの復興だけではなく、ハイチという国の再建に向かう、いい機会として利用されることを祈っています。

 まとめ:開発と権利のための行動センター
     青西靖夫

フォトジャーナリスト 佐藤文則さんのサイト
http://www.k2.dion.ne.jp/~satofoto/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/30

パナマ:ボカス・デル・トロでは県人口の30%が被災

 11月29日付のパナマ・赤十字の報告によると、水害の被災者数は全国で3万6千人にのぼるとのことです。このうちボカス・デル・トロ県においては、約3万1千人、県人口の約30%が被災しています。パナマにある43の避難所のうち38がボカス・デル・トロにおかれ、2万5千人が避難しているとのことです。
http://www.panama.cruzroja.org/cr-todos.php?subaction=showfull&id=1227982381&archive=&start_from=&ucat=1&
 
 (緊急支援の呼びかけはいったん休止します)
 開発と権利のための行動センター
 青西
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/28

パナマにおける豪雨でナソ民族に甚大な被害

 パナマの西部-カリブ地域では11月22日より降り続く雨による洪水で各地に大きな被害が出ています。特にボカス・デル・トロ県による被害が大きくなっています。
 こうした中で、ボカス・デル・トロ県のテリベ川沿いに生活している先住民族のナソ民族の伝統的権威であるバレンティン・サンタナ王より緊急の支援要請が届きました。
 また次のような声が届いています。 

「今回の洪水は私たちの県でこれまでに起きたものを上回っており、多くの家族が家を失い、また作物も完全に失われました」
「今、私たちナソ民族がおかれた状況はあまりにも衝撃が大きく、言葉にするのも難しい状況です。私たち民族の蓄えである、オレンジやバナナ、ユカ、トウモロコシなどの作物も完全に失われてしまいました。向き合うことも難しいこの現実を前に、とにかくできるところから取り組むための支援が必要です。緊急の事態であり、政府からの援助は県都である町には到着しはじめました。しかし私たちの村まではいまだ到着していません。少なくともどのように私たちの村まで支援を届けるか憂慮しています。」(日本時間11/28、午前8時受け取りメール)

 ナソ民族は川縁の耕作地に作物を作っており、それが日々の食糧であり、現金収入源としても、また非常時の蓄えとしても重要なものとなっています。それらが失われたということは、ナソ民族の生活に非常に大きな影響が出てくることが予想されます。またナソ民族の居住地区には道路はなく、河川交通に頼っているため現時点では被害状況は正確に把握できませんが、随時現地より報告を受けることとなっています。
 

*現地からの情報が滞っているため、緊急支援は一度休止します。 

 開発と権利のための行動センター

 代表理事 青西  

インターネットで探した現地報道記事など
(パナマ及びボカス・デル・トロ県全体の情報です)
[1]現地の被害状況全体はこちらのサイトから資料をお読みください

http://www.redhum.org/emergencias-244-Inundaciones-en-Panam%C3%A1---noviembre-2008.html

[2]http://www.sinaproc.gob.pa/

[3]<映像>
http://www.telemetro.com/noticias/2008/11/26/nota23759.html
http://www.telemetro.com/noticias/2008/11/27/nota23790.html
http://foro.univision.com/univision/board/message?board.id=panama&message.id=112370
<その他記事>
http://mensual.prensa.com/mensual/contenido/2008/11/27/hoy/nacionales/1605740.html
http://mensual.prensa.com/mensual/contenido/2008/11/27/hoy/panorama/1606874.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

ハイチにおけるハリケーン被害について

 最近、ハイチの状況については全く追えていないので、いくつかリンクのみ紹介

1)08/9/10 外務省:ハイチ共和国におけるハリケーン・ハンナ及びアイク被害に対する緊急援助について
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/9/1183267_915.html
2) 08/9/10  JICA:ハイチ共和国におけるハリケーン「ハンナ」及び「アイク」被害に対する国際緊急援助について
 http://www.jica.go.jp/activities/jdrt/2008/080910.html
3) 08/9/10  Democracy Now!: Haiti Struggles with Humanitarian Disaster in Aftermath of Deadly Storms
 http://www.democracynow.org/2008/9/10/haiti_struggles_with_humanitarian_disaster_in 
4)08/9/06 Partners In Health: "I have never seen anything as painful":Paul Farmer writes from flood ravaged Haiti
  http://www.pih.org/inforesources/news/PEF_hurricane_letter.html
5)08/9/10  Concern Worldwide:Haitian relief intensifies
  http://www.concern.net/news-and-features/world-news/a1000297/Haitian-relief-intensifies.html
6)08/9/08 Oxfam GB: Hurricanes in Haiti
  http://www.oxfam.org.uk/oxfam_in_action/emergencies/hurricanes_haiti08.html
7)08/9/09 :American Red Cross: Red Cross Witness to Destruction in Haiti,Back-to-back storms take a heavy toll on island nation
  http://www.redcross.org/article/0,1072,0_312_8147,00.html
8)08/9/09 :世界の医療団:ハリケーン「グスタフ」「ハンナ」による被害者への緊急支援 
  http://www.mdm.or.jp/news/news_detail.php?id=231

*ちなみに9月5日に正式にハイチ新首相に就任したミッシェル・ピエール・ルイ氏は、1993年に市民団体の招きで来日しています。

 開発と権利のための行動センター
 青西

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/09

ノエル台風被災への連帯のネットワーク・マラソン

ノエル台風被災への連帯のネットワーク・マラソン

http://www.movimientos.org/show_text.php3?key=11256
上記サイトに次のような通信が掲載されていましたので転載します。
この記事によるとノエル台風による死者はこれまで確認されているだけで85人、この数は300人に上ると予想されている。また75千人が被災したとのことである。

そこで被災者支援のラジオ・マラソンが計画されているとのことですが、インターネットでも参加できるとのことです。(現地時間 9 de noviembre 2007 7.00 a.m. – 3:00 p.m.)

Conexión Internet: www.compasillo.com entrar a audio y sintonizar FENATRANO Teléfono en cabina: (próximo boletín)
Skype: francopedro5
E-mails: forosocialalternativord@hotmail.com, fenatrano@hotmail.com, forosocial2006@yahoo.es


参考までに
青西 

2007-11-08

R. Dominicana: Maratón Red de Solidaridad ante la Tormenta Noel
Red de Solidaridad
--------------------------------------------------------------------------------
Compañeros y compañeras solidarias del mundo:

El pasado 28 de octubre nuestro país, la República Dominicana, fue azotado por la tormenta Noel de manera inesperada. 85 personas se han contabilizado como muertas (se estima el número es más de 300), 75 mil damnificados, 2 mil viviendas destruidas y más de 20 mil afectadas. También derrumbe de puentes, cortes de carreteras y grandes pérdidas agrícolas.

Los movimientos sociales estamos inmersos en las labores de unir nuestro esfuerzo con las familias damnificadas, a la vez que también esclarecer sobre las causas de este fenómenos, que según la ONU pudo prevenirse.

El viernes 9 de noviembre desde las 7:00 a.m. hasta las 3:00 p.m. desarrollaremos un Radio Maratón por una cadena de radio a nivel nacional, y retrasmitido por INTERNET por www.compasillo.com (clic en audio y buscar FENATRANO) donde usted desde cualquier lugar del mundo podrá CONECTAR RADIOS, OIR, llamar a los telefonos, SEGUIR, Y TAMBIEN LLAMARNOS Y PARTICIPAR. Podrá usar también skype e e-mails.

Estamos llamando a todo quien pueda conectarse que lo haga y nos lo notifique, que reporten por cualquier vía que están en contacto, que lleven aliento y esperanza de manera viva a nuestro pueblo.

A continuación más información.

Radio Maratón
9 de noviembre 2007
7.00 a.m. – 3:00 p.m.
Red Dominicana de Solidaridad
Con Damnificados de la tormenta Noel

Emisoras de radio nacionales:

a) SUPRA 101.7
b) HIT 92 FM
c) FIESTA FM
d) ESTEREO 98
e) ULTRA 106
f) RADIO DIAL 670
g) Una Red Nacional de Emisoras

Conexión Internet: www.compasillo.com entrar a audio y sintonizar FENATRANO Teléfono en cabina: (próximo boletín)

Skype: francopedro5

E-mails: forosocialalternativord@hotmail.com, fenatrano@hotmail.com, forosocial2006@yahoo.es

Objetivos del Maratón: - Reflexionar sobre el carácter, naturaleza y alcance social de todo fenómeno “natural”.

- Expresar una solidaridad integral para motivar la organización y educación de la gente para reclamar sus derechos sociales después de la Tormenta Noel.
- Recabar recursos materiales para focalizar su distribución en algunas zonas afectadas por la tormenta.
- Lograr que los sectores afectados expresen sus vivencias y reflexiones durante y después de la tormenta.
- Establecer un puente de comunicación con la solidaridad internacional y los sectores afectados por la tormenta Noel.

RED DE SOLIDARIDAD:
CHOFERES
FORO SOCIAL ALTERNATIVO
MCCU
COOPHABITAT
CODECOC
CLUB HABITAT UPROBRISAS
JUNTA DE VECINOS LOS ANGELES
FEDERACIÓN URBANO CAMPESINA MAMA TINGÓ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/19

迷走を続けるスタン被災者移転先問題(グアテマラ・アティトラン)

スタン台風からその後

 サンティアゴ・アティトランの住民組織によると、スタンで被災して仮設住宅に生活をしていた30家族が2006年12月より建設が中断された定住用住居に居住を開始するとともに、グアテマラ政府に対して尊厳ある生活を確保するために、この建設中断の定住用住居の工事を再開して一時的な居住を認めることを要求しています。

 この住民グループによると、大統領が2006年5月には提供できると約束していた定住用の住居はいまだ建設すらされおらず、「購入した」と喧伝していた移転先の土地すら実は交渉中であり支払いすらなされていないとのことです。
こうした中で30家族は、これ以上布張りの仮設住宅に住み続けることは、人として尊厳ある生活をすることを損なうものであり、まるで犬やゴミのように扱い、放置していると訴え、政府に対して、一時的に建設中断中の定住用住居での生活を認めること、適切な食糧援助を確保すること、問題解決のための委員会の設置を求めています。

注)この建設中断中の住居は、被災後すぐに教会より提供された土地に建設が開始されたものであるが、被災地に隣接しており、再度罹災する危険があるとのことで、建設が中断され、その後代替地の確保が進められていたものである。既に壁等はできており、トタン屋根を載せれば生活に利用できるような状態である。
 また仮設住宅については、数ヶ月の短期の利用のために設置されたもので、一年以上が経過し、居住環境の劣化が報告されている。

関係記事
  http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2007/01/post_318f.html 
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/cat4745722/index.html


 移転先確保の問題は非常に遅れており、被災住民としても政府の対応がはっきりしないままに、振り回され、身動きが取れない状況が続いているように思われます。何かしら可能な協力があれば検討していく必要もあるかと考えています。

 開発と権利のための行動センター
 青西  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/10

スタン台風から1年

スタン台風から1年

 スタン台風による大雨の被害から一年が経ちました。1年前の10月、グアテマラの西部を中心に4ヶ月分にも匹敵する雨が4-5日の間降り続き、高地ではあちこちで土砂崩れに襲われ、家々が飲み込まれ、また道路が寸断されました。低地では河川が氾濫し、水害に見舞われました。
 ソロラ県のサンティアゴ・アティトランでは、10月5日未明、村の背後にそびえるトリマン火山から崩れ落ちた大量の土砂がパナバフ地区をおそい、いまだ400家族あまりが土砂の下に眠っています。


Pict00511

Pict00221

 

今回グァテマラを訪問し、一年後の状況についてサンティアゴ・アティトランのディエゴ市長と話しをすることができましたので簡単に報告させて頂きます。

当初、生存者は教会などに避難していましたが、その後カトリック教会が提供した土地に、国際的な援助などを受けて仮設住宅が設置され、現在も289家族がそこに住んでいるとのことです。しかし仮設住宅は化繊の布を利用した壁など、もともと9ヶ月程度の利用を意図したもので、劣化がみられる上に、ネズミなどもふえつつあり、また泥棒の侵入といった問題もあるとのことでした。そもそも居住者に十分なスペースもなく、トイレも不足しているという問題もあります。
  それに加えて、生活を取り戻すにつれ、住民からは織物をする場所や小さな耕作地、鶏を飼うところを求める声があがるようになりました。また自治体にとってはこれまで無償で提供している電気、水道の料金が負担となっているとのことでした。(水道代約月38万円)

 政府は(今年3月頃から)仮設住宅の山側に、定住のための住居建設を始め、約1500万円近くを投入しました。しかし完成を間近にして、この地域は再び土石流に襲われる危険があるとの調査結果から建設作業は中断されたのです。(そもそもこの地域は過去にも土砂崩れが繰り返されてきたといいます。それは地名にも現れていて、土砂崩れのあったChullは「山崩れ」を意味するし、パナバフ:Panabajのanajは石を意味するといいます。50年前には現在の仮設住宅の地域に土石流が流れ込んだそうです。)

 現在でも650家族(仮設住宅およびそれ以外に寄宿している家族など)が住居を必要としており、政府はこれからあらたに土地を購入すると述べていますが、仮設住宅の住民は政府のこれまでの対応に困惑するとともに反発を強めているとのことです。仮設住宅の住民の75%が、政府がこれから土地購入を進めようという場所(サンティアゴから約3キロ)への移住を拒否する姿勢を示しているといいます。
 また購入予定地の土地価格のつり上げが行われているという問題もあるとのことでした。もともとその地域は400平米あたり、コーヒーが植えてあってもQ5000程度の土地価格であったものが、現在ではQ30milからQ60ミmilまでつり上げられているとのことです。中断した建設地の山側に防護壁を作るという案もでているようですが、非常に大きな建築物となりコストもかさむので実現可能性は高くないようです。

 こうして当初復興のモデルとまでいわれたサンティアゴ・アティトランは、今では復興の失敗のモデルとなりつつあります。家を必要とする650家族のうち、すでに家を得たのは75家族にすぎません。このようにサンティアゴの復興状況は行き詰まっており、とりあえず政府の土地購入の態度をみようという感じとなっています。(ディエゴ市長からの聞き取りのまとめ)
 
 その後の新聞報道(10月6日付プレンサリブレ紙)によると、627戸分の土地購入が実現し、2007年に住居建設が始まることになったようである。


<開発と権利のための行動センターでは、地域のコミュニティの人たちを組織して活動していたCONIC(先住民族・農民全国調整委員会)を通じて緊急の援助活動を展開しました。CONICに6000ドルの援助資金を提供し、この資金でCONICは近隣で食糧を購入し、サンティアゴ・アティトランの教会などへ避難していた被災者に対して提供しました。(その後5月に1700ドル分を被災者食糧援助分として追加投入)
 また行動センターでは12月末に理事の栗田をグアテマラに派遣し、被害の大きかったサンティアゴ・アティトランとサンマルコス県を中心に現状視察を行いました。その後、現地で把握されたニーズに基づいて、災害復興プロジェクトをいくつか立案しましたが、残念ながら資金が確保できず実施は見送りました。(このときの視察をベースに安定的な地域農業の確立のためのプロジェクトが計画され、こちらは2006年10月よりサンマルコス県で開始することとなりました。)>

開発と権利のための行動センター
代表 青西靖夫

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/05/28

ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明

 ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明

 ハリケーン・スタン支援に関しては、現地に6000ドルを緊急救援のために送金したのち、昨年12月末に当会より現地視察のためのメンバーを派遣し、その後助成金によるプロジェクトの実施を目指し、手続きを行ってきました。
 しかし残念なことにこれまでのところ助成を受けることはできていません。

 そこで、5月に現地側と確認をとり、寄付金の残金分及び当会自己資金1700ドルを被災地であるサンティアゴ・アティトランに配分しました。

 昨年秋の収穫が失われた中で、次の収穫までの端境期を乗り越える十分な穀物が残されていないので、当会の資金でこの端境期を乗り越えるための食料購入を行うことができます。現地側カウンターパート機関であるサンティアゴ・アティトラン農民アソシエーションのメンバー138家族の約一月分のトウモロコシに相当する量を購入することができます。

 現地のニーズからみれば非常に小さな支援となっておりますが、現地への支援活動は継続しておりますので、今後ともご支援頂ければ幸いです。

 グアテマラも既に雨期に入りましたが、今年は雨が多いようで、各地で土砂災害の再来に危機感を高めているようです。


 開発と権利のための行動センター
 代表 青西靖夫

 追記
スタン被災からの復興支援の現状

 このブログでも、建設途中の仮設住宅の建設中止という、復興支援の混乱した状態をお伝えしましたが、グアテマラの週間ニュース紙であるインフォプレス紙に復興支援についての記事が掲載されました。
 それによるとグアテマラ政府は、2006年の国家予算に組み込まれている2885の再建プロジェクトのうち20%を進めることができたに過ぎず、遅延、過度の官僚主義などの問題が指摘されています。
 また議会の決定により、優先とされていない63の地方自治体が 9000万ケッツアルの再建費用を受け取ったという事態もあるようです。
 ソロラ県では336の再建プロジェクトが計画されているにもかかわらず、まだその80%は開始されてもおらず、終了したものは5%程度のようである。

 


 ◆郵便振替口座:00230-5-131472
 ◆口座名   :開発と権利のための行動センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

いつまで続く仮設住宅での生活(サンティアゴ・アティトラン)

いつまで続く仮設住宅での生活

 昨年10月のスタン台風で甚大な被害を受けてから、7ヶ月が経ちました。しかし土石流で村が押し流されたパナバフの未来はいまだ不透明なままです。
 仮設住宅にすむ人々のための住居建設は既に3月から進められ、そのために既に7000万円もの資金が投入されました。
 しかし今になって、住宅が再建されていた地域の危険性が把握され、現在建設中の家屋には居住ができないこととなったのです。
 (5月14日付現地プレンサリブレ、ペリオディコ紙による)

 もともと、今回の住宅再建地が被災地域に隣接しているなど問題は指摘されていましたが、最終的にこのような事態になるとは残念であり、また政府の対応に強い疑問を抱きます。
  
 開発と権利のための行動センターでは、助成金の申請などを続けていますが、残念ながらこれまで確定した助成金はありません。
 グアテマラは雨期に入り、農作物の収穫まであと半年ほどを待つだけとなりました。当会では、この端境期の食糧援助を進める予定でいます。
 皆様からの援助もよろしくお願いします。

 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/26

ハリケーン・スタンからその後

ハリケーン・スタンからその後

2月25日 プレンサ・リブレ紙
 フォディグア(FODIGUA:グアテマラ先住民基金)は、チマルテナンゴのイシムチェでスタンの被害者に対して、地域の衣類を6000着提供。ステイン副大統領はこの席でスピーチの最初をカクチケル語で行い、グアテマラの差別の歴史、こうした物資提供に際しても文化的な適切さを配慮してこなかったことをふり返ったという。
http://www.prensalibre.com/pl/2006/febrero/25/135465.html 
 このような形で文化的な配慮がなされるとともに、先住民系ではない副大統領がカクチケル語でスピーチを行ったということは非常に大きな変化であると考えられる。

2月13日 プレンサリブレ紙
 これまでグアテマラ西部からの重要な出稼ぎ先となっていたメキシコ南部もスタンで大きな被害を受けた。特にソコヌスコやタパチューラのバナナやアフリカン・パームの栽培地に被害が出て、6万人が出稼ぎ先を失ったという。
 こうした状況の中で、ここ数ヶ月米国への大規模な労働者の移動が見られるという。
http://www.prensalibre.com/pl/2006/febrero/13/134535.html
 
 スタンは直接的な被害だけではなく、未だに貧困層の多いグアテマラ西部地区をじわじわと苦しめ続けている。

 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧